​業界で最高品質。業界で最安値。成功する確率は9割以上。

多くの、GLP1ダイエット経験者が、継続されております。

当院は日本で最もGLP1製剤に熟知している糖尿病専門医師が、国際学会で提唱されたガイドラインに基づき、オリジナルな形で、日本での抗肥満治療、つまりダイエットを開始しました。派手は広告はしておらず、口コミや検索などで、当院のサービスをみつけてくださった方々が、当院のサービスをご利用です。

​国際的な標準ガイドラインについては、お申し込みいただきました皆様に、ご連絡させていただいています。

国際ルールに則り、正しいGLP1ダイエット、GLP1製剤「サクセンダ」を応用した肥満治療をご提案いたします。また、健康でダイエットを希望される方のみならず、糖尿病で肥満でお悩みの方にも、対応させていただきます。

特徴

特徴1 「お腹が空かない」、「少量の食事で満腹!」

サクセンダは脳に作用し食欲を抑え、胃にも作用し胃排泄速度を抑える事で、食事量を減らす事ができる薬剤です。血糖降下作用をもたらします。糖尿病の発症を予防し、睡眠時無呼吸症候群も改善します。

サクセンダを注射している間は「空腹感を忘れます」、あるいは「食べても直ぐに、お腹がいっぱいになります。」。

 

身体に負担をかけないぶん、リバウンドしにくくなります。肥満の悪循環をとります。過度な食事制限をせずとも、ハードなトレーニングをせずとも自然にダイエットに成功します。

特徴2 国際社会で承認済みの、正しい「GLP1製剤」を使用

「サクセンダ」は、抗肥満薬です。アメリカでは2014年12月FDA(米国食品医薬局)の承認を得て、韓国では2017年7月承認を得て販売が開始されました。サクセンダ以外の複数ある、他のGLP1製剤は未承認です。

「サクセンダ」は安心で科学的証拠(エビデンス)も豊富にあり歴史もあります。また、エビデンスをベースとした医療(Evidence based Medicine)が可能な、「唯一のGLP1製剤」です。

なおGLP1製剤は、その作用やパワーが強いから「ダイエット」に向いているわけではありません。「パワーが強いGLP1製剤」は他にも複数あります。しかし安全性、有効性とのバランスが大事で、その両方を兼ね備えているのが、他のGLP1製剤ではなく、「サクセンダ」のみなのです。

 

特徴3 日本最高のサイエンスレベルの医療

「名医ランキング」(桜の花出版)では、糖尿病部門で、クリニックとしては4年連続、1位です。累計2万人以上のカルテを持ちます。院長:鈴木医師は法研出版が決めるBest Doctorにも選抜されている日本のトップサイエンティスト。患者満足度が最高に高い医療施設であり、第3者評価が高い事の証明となっています。

鈴木医師の科学者、臨床家として社会的貢献度を図るインパクトファクターは400以上。医科系大學の元「教授」です。なお、鈴木医師のダイエット関連書籍は100万部を突破しiryoo.com iphone アプリを通じて、ほぼ無料で情報提供いたします。臨床(プラクティス)のレベルの違いを実感していただけると確信しています。

特徴4  製薬メーカーが全面支援。米国ではTVでCMも

製薬企業が制作した公式サイト、公式ホームページがあります。

https://www.saxenda.com/

​米国ではテレビのCMにも普通に宣伝されています。

サクセンダについて糖尿病以外の肥満対象者に投薬した臨床試験は、Scale-Obesityとして、海外の医学論文にも公開。また、「糖尿病治療」にもScale-Diabetesという論文で紹介されています。

特徴5 科学的な情報も広く公開されており安心です。

減量曲線は、すごい、です。この減量が、特別な個別指導料をコンサルタントに支払わなくても到達できるのですから、驚きの薬剤です。ただし、糖尿病がある場合は、話は別。糖尿病があり減量を希望される場合には、事前に、メールか、お電話でご予約ください。糖尿病専門医が個別指導いたします。

米国でのコストは通常1ヶ月16万円くらい。それを日本人向けにし、1日1.8mgまでなら薬品3本で月8万円。1.8mgから2.4mgなら薬品4本で月10万円。本当に3mgが必要なら薬品5本で月13万円(送料込み、針代込み)。なんと本場、米国よりも安い価格にしました。

今後、糖尿病専門医が幅広く活動できるよう、先駆けとなる価格体系です。そして、内科医師らしく、ユーザー視点にたってコストカットに努力し実現にいたりました。かつ、知名度が高いことで、東京都内で、ほぼ最高に処方量が多い事から、コストダウンに成功しました。

​ご継続の場合

実際にGLP1注射を熟知しているナースが、無料でカウンセリングを行います。ナースは、皆様が自宅で自己注射するサポートをさせていただきます。

スライド2_edited.jpg

特徴10 「GLP1製剤」と「ゼニカル」との併用が推奨

国際的ガイドラインとしては、「サクセンダ」と「ゼニカル」の2製剤が、「承認された抗肥満治療薬」です。従って、この2製剤を使用している分には「安全性」と「有効性」が担保されています。

 

サクセンダ(あるいはビクトーザ)は便秘になりがちですが、ゼニカルは脂肪便になり、相殺して便通を改善する場合があります。

サクセンダの副作用 (長期服用すると、軽減してきます。)

効果にも、副作用にも、ともに個人差があります。

治療初期には、主な副作用は、胃腸障害のみです。吐き気が主体ですが、これは胃の「蠕動運動」を抑えることによる、効き過ぎによる現象です。
最も大変な胃腸障害も治療を継続していくと慣れが起こり自然に消失します。

 

ただし便秘は食事をとらないために、便の量が減ってしまうので起こる現象です。これも効き過ぎにする現象と言えます。

無料カウンセリングをいたします。

​お電話か、無料カウンセリングフォームで、「HDCアトラスクリニック、GLP1ゼニカル ダイエット」宛てまで、ご連絡ください。医療機関なので秘密は厳守します。

freedial2.jpg
 

(注)△の土曜日は16:30までとなります。

電話受付時間:月、火、木、金、土曜日は10時から13時、

14時から18時 (水曜日、日曜、祝日、定休)

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

​ノボノルディスク社公式動画

www.saxenda.com から引用