GLP1dietが健康ダイエットである証明

妻から辞めたら、と言われて、そういうなら、GLP1ダイエットをして、
健康になった事を証明しようと、今日は、人間ドックを受けました。

 

すると、驚いたことに、かなりの改善を認めていました。

 

「-16kgの体重減少が、これだけの効果を認めるとは、、!」。

ここに示した多くの現象は、内科医としては、医学の世界では常識ですが、私のデータでも、お示しします。

 

 

1.肝機能の改善

 

GPTが改善。脂肪肝が改善してました。

 

2.中性脂肪の改善

 

正常範囲に戻ってました。食べていないのですし、油ものを控える習慣ができたので、正常になるのは、当然です。

 

3.HbA1cの改善。

 

肥満していた時は、HbA1cは、5.5%まで、あがってました。-16kgの減量した後では、HbA1cは、5.2%と、完全な健康状態に戻っていました。糖尿病専門医の私にとっては、5.2%という数値は、ありがたい、、ことです。

 

4.尿酸値は2.4

 

低すぎるくらいです。まったく食事の影響としか考えられません。

 

5.%肺活量の改善。

 

以前は、おなかの脂肪で%肺活量は低下してました(正常 以下)。しかし、今回は、%肺活量は86%と、正常に戻りました。呼吸が楽になったことを、こういう数値で確認できることはうれしいことです。GLP1ダイエットをしていると、運動が好きになります、とアドバイスできるのは、こういう数値で証明することができます。

 

6.身長が1cm伸びました。

 

16kg、今より太っていた時は、身長が167.5cmでした。
-16kgの減量に成功した後は、身長が168.5cmでした。
つまり、身体の重さが脊椎管板を圧迫して、身長が1cm、へこんでいたことが証明されました。肥満が改善すると、身長が伸びるなんて、、、。誰もが気がついていないけど、結果をみて、言われれば、とても当然のことです。
そして、腹回り(ウエスト計)が減って、身長が伸びれば、外から見て、多少、スタイルが良くなったと見えやすくなります。

 

最近、痩せたことが周囲の人から指摘されるようになったのは、こうした効果も、あったのかもしれません。-16kgも減量したので、ジーンズが、ぶかぶかになり、かっこ悪くなったと言われますが、そんなの気にならなくなります。

 

7.CRP炎症マーカーが陰転化 ーー>おそらく、SASが改善した証拠

 

肥満がある時には、CRPという炎症マーカーが陽性でした。おそらく、これは、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」になっていた証拠だったのでしょう。SASの人は、肥満があり、脂肪で喉の奥が狭くなり、口をあけて寝るので、いびじがひどくなり、喉の奥に炎症が起こりやすくなります。かつて、今より16kg肥満していた時には、日々、妻に「いびきがうるさい。夜中、呼吸が止まって、冷や冷やする」と言われていた時でした。だから、前回は、CRPが陽性(0.51と、高値。正常は0.30未満)でしたが、今回は、0.04と完全に正常になり、炎症所見は消えました。この花粉症のシーズンに、この数値が陰転化するというのは、とてもうれしいことです。SASによる突然死も心配しなくて、よくなりました。

 

8.逆流性食道炎が治りました。

 

ちょうど8か月前から、GLP1ダイエットを始めた時には、おなかの脂肪があり、食べると逆流性食道炎になって、胃酸が食道にあがり、時々、喉の奥まで胃酸があがってくることがしばしば、ありました。
ところが、最近では、全く、そういうことがありません。
その証拠が、胃透視検査でも、わかります。
GLP1ダイエットを始めたばかりの頃は、焦るあまりに、GLP1を多量に注射していた事もあり、かつ、肥満自体でおなかの脂肪が胃を圧迫していたのでしょう。完全な「逆流性食道炎(GERD)]がありました。GLP1を注射しているので、胃の運動がとまっており、肥満によるGERDに、GLP1注射によるGERDの影響が加わり、ひどい症状がありました。
胃の中には、いつも食物残渣が残っており、胃透視検査も、十分に正確にはできていなかったのでした。(図1:来週掲載します)。

 

図1(図1:来週掲載します)

 

ところが、GLP1ダイエットを始めて、2018年7月後半から2019年3月初旬まで、つまり、7か月で、-16kgの減量した後では、
肥満が消えたことによるGERDの改善と、かつ、GLP1注射の要領が上手になり、意図的にGERDがなくすことができ、さらにかつ、ビクトーザを注射していたことで、GLP1タキフィラキシーが起こりやすくなったこともあり、GERDの所見は、消えていました。

 

図2(図2:来週掲載します)

 

これを診断してくださった、慶応大学病院、放射線科学教室、助教授の小黒先生は、とても有名な先生です。この小黒先生から、「鈴木先生、こんなことって、あるんですかね。」と聞かれましたが、すなおに、「注射してますから。」とお返事しました。笑。

9.超音波検査で、脂肪肝、が消えました。

 

これは、-16kgの減量に成功すれば、誰にでも、見られる現象です。超音波検査で脂肪肝が消えました。

 

(図1:来週、掲載します)

 

 

ここでは、肝腎コントラストといわれるコントラストが明らかで、肝臓は、真っ白な脂肪に覆いつくされ、脂肪細胞が蓄積していることが、わかります。
それが、-16kgの減量に成功すると、 以下のような図になります。

 

(図2:来週、掲載します。)

 

あきらかに、肝腎コントラストと言われる、腎臓に対する肝臓のコントラストがなくなり、肝臓が黒く映っているのがわかると思います。つまり、脂肪肝が消えていることを、示します。

 

これは、とてもうれしいことで、脂肪肝があれば、そこから、肝硬変になり、肝臓癌になるリスクが高くなります。脂肪肝がなくなれば、肝臓癌になるリスクは、極端に低い確率になります。ですから、将来、肝臓癌になる心配が大幅に減りました。

 

10.唯一、正常範囲をしたまわったのは、K(カリウム)

 

これは、ダイエットしている時、以前は、野菜を多くとっていたのですが、サラダにかけるドレッシングには脂があることから、野菜を控える傾向が反映されたものかと考えられます。とはいっても、Kの正常値は、3.6-5.0です。今回の私の値は、3.5です。ほんの少しだけ、野菜が減っているだけで、人体には、全く問題のない程度です。したがって、これからは、カロリーがないドレッシングを買ってきて、積極的に食べれば、十分に、正常に戻る、こともわかりました。

 

========================

 

これらの結果から、GLP1ダイエットで減量する事は、さまざまな身体的パラメーターを改善している事がわかりました。

 

GLP1ダイエットは、健康的ダイエットである。なぜなら、GLP1は、もともと健康人でも、普段から持っているホルモンだからであります。それを増加させただけで、これだけの効果が得られる、ということを証明した結果になりました。

 

この結果は、さっそく、家族に報告し、「クスリを使っても、痩せれば、健康になるのだから、やめる必要は全くない。」ということを説明しようと思います。