1日1200kcal以下になった場合

ビクトーザが、1日量1.8mgから、サクセンダ2.4mg、あるいは3.0mgになると、突然、食欲が低下し1日のカロリー摂取量が1200キロカロリー以下になってしまっていることに不安を覚えている方も、少なくはないかもしれません。これから猛暑になれば、なおさら、、かもしれません。

 

そうなった場合においては、例えば、1日800キロカロリーしか、食べられない、そういう状態になった場合には、総合ビタミン薬を薬局で購入したり、野菜やミネラルを積極的にとって、ビタミン補充をお奨めするのは、合理的だと考えます。

 

逆に、そこまで摂取カロリーが低下していない時に、あえて、ビタミン、サプリメントなどをとる必要性はないでしょう。

 

以前、そういうVLCD (Very Low Calory Diet)にした場合の、ビタミン剤として、どういう商品が適切かを検討したことがあります。

1例としては、チョコラBB、くらいで十分であろうという回答をえて、調査をしたことがありました。効能としては、以下のような内容ですし、65周年とあるように、安全性においては、なんら問題ない、ビタミン剤だからです。なお、これらに含まれる水溶性ビタミンの場合は、大量に飲んでも、尿と一緒に出ていってしまいますので、副作用はあまり心配しなくても良いのです。逆に、脂溶性ビタミンの場合は、大量に服用するとからだの脂肪分に溶けて蓄積されることがあります。

またゼニカルを服用する場合については、原則的に、脂溶性ビタミンの補給が大切とされています。ですが、GLP1注射製剤で、便秘になった時に、オンデマンドで服用するとするのであれば、ゼニカルは、脂溶性ビタミン欠損にはならないだろうと考えています。

 

必要なビタミンは、ビタミンA,D, E, Kです。

ビタミンA

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3A

ビタミンD

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3D

ビタミンE

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3E

ビタミンK

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3K

これらに、なります。ただ、通常、本気でゼニカルを1日3カプセル服用することは、お奨めしておらず、あくまで、サクセンダやビクトーザによる便秘に対して、便秘解消の目的で、ゼニカルの服用をお奨めしているだけです。大量の脂溶性ビタミンの積極的摂取をお奨めしているわけではありません。それをきにするばかりに、エネルギー摂取過剰になってしまっては、もともこも、とれないからです。

 

なお、脂溶性ビタミンについては、欠乏よりも「過剰摂取」のほうが健康被害が大きいとされているので、その点も一般的基礎知識として、把握しておいたほうがよいと考えます。過剰摂取の主な原因は、サプリメントの大量服用が多いようです。

ビタミン過剰症

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3%E9%81%8E%E5%89%B0%E7%97%87

特に脂溶性ビタミンについての過剰摂取は、以下の症状と関連づけられます。

これから、本格的な夏、体力を消耗します。暑さで食欲がない上に、さらに、サクセンダ、ビクトーザで、1.8mg以上を投薬していると、さらに食欲が抑えられ不安を感じる方も増えるかと思いますが、上記のような点を参考にされてはいかがでしょうか。