運動は、痩せるのにはあまり効果がないとききましたが・・・

「 最後のダイエット 」の 連載

Q55 運動は、痩せるのにはあまり効果がないとききましたが・・・

 

A 運動をすればエネルギーを消費するわけですから、理屈の上からはやせます。
しかし、運動によるエネルギーの消費量は、苦労の割には以外に少ないのです。

 

たとえば、脂肪組織1㎏を減らすためには、約7200kcalものエネルギーを消費しなければなりません。

 

これをもしジョギングで消費しようとすると、約15時間も続けなければならないのです。

 

このように、運動だけでやせるというのは普通の人にはかなり難しいし、効果もあらわれにくいものです。

 

やはり、痩せるためのポイントは第一にダイエット(減食)です。しかし、健康的にやせる為には、やはり運動も欠かせません。

 

減食を始めて、ある程度体重が減ってくると、今度は体のほうが少食に慣れて省エネタイプになり、パタッとやせなくなります。

 

これは基礎代謝が2/3ほどに落ちて、エネルギーを消費しづらい体になるためです。
ところが、毎日運動するようになると、新陳代謝が活発になって体脂肪を分解するホルモンの分泌を高め、体そのものが食べた物のエネルギーをどんどん燃やしていくシステムに変わっていくのです。

 

このように、運動は、代謝を良くし減量効果を一層高める働きがあります。ダイエット(減食)だけで運動をしないと、体脂肪が落ちるだけでなく、筋肉や骨、血液までが削られていき、同時に体力までもが落ちてしまう恐れがあります。

 

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著 (株) 主婦の友社 発行