少量アルコール飲めるほうが糖尿病や肥満になりにくい?

 

はじめに。このブログを書いた理由は、ある、都内の、美容外科で、「インスリン抵抗性があるから、やせない。」と、正直、あやしげな診断をくだされて、悩んでおられる女性がいらっしゃいました。そのような問題で、悩んでおられる方のために、あえて、解説をかいたもので、いつものように「代表的な質問」にお答えするというスタンスで、執筆しております。ちょっと、むずかしいですが、我慢して、お読みください。

 

===================================

 

私は、ALDH2,とか、ADH2の仕事をしていて、アルコールによる遺伝体質の論文をかいたことがあります。なぜ、少量のお酒を飲める人のほうが健康的なのかを、遺伝子レベルで証明した、アルコール業界では、かなり高い評価をいただいている論文です。

 

そして、肥満にも関係してきます。糖尿病のなりやすさも、これで議論できます。これは、日本医科大学客員教授時代に執筆した論文です。その当時は、「教授」だったので、海外の医学論文の投稿におわれてました。

 

結論は、ADH2という、アルコール脱水素酵素の酵素活性が遺伝子の型できまるので、それを利用したものです。もともと、ADH2は、アルコールに酔いやすいか、どうかを決める遺伝子で、日本人では、さまざまに分布しています。その結果、約1000人の健常男性、女性において、

 

ADH2:2/2 HbA1cが高い。 
AHD2:1/2 HbA1cが低い。 
ADH2:1/1 HbA1cが高い。

 

これと並行して、
ADH2:2/2    インスリンが高い。 
ADH2:1/2 インスリンが低い。 
ADH2:1/1 インスリン高い。

 

 

という結果です。血液中のインスリン濃度が高いほど、インスリン抵抗性あるいは、インスリンの過剰分泌があるので、脂肪の分解をとめます。よって、脂肪が分解しにくいのですから、理論的には、この遺伝子多型をもっている人は「やせにくい」という理論になります。

 

ふとりやすいか、そうでないか、が類推できるという意味では画期的な発見だったのかもしれません。ただし、ADH2は、アルコールの強い、弱い、酔いやすい、酔いにくいを決める遺伝子です。ですから、ADH2:1/2は、少量のお酒なら、飲める、というタイプなのです。

 

昔から、「少量のお酒を飲む人のほうが健康」と言われてきました。
アルコールの「Jカーブ学説」と呼ばれる現象です。

 

私の論文は、それを世界で最初に遺伝子で証明した論文ということになりました。私の論文以前には、この「Jカーブの謎」を、科学的に証明していた学者は、いなかったのでした。

ですから、私の発見は、「少量のお酒を飲む人のほうが、ふとりにくく、生活習慣病になりにくい」ということになります。もし、GLP1ダイエットを始める前に、この遺伝子情報があれば、GLP1ダイエットが効きやすいか、どうか、を、事前に、予測できるようになります。おそらく、ADH2:1/2の多型をもっているほうが、ふとりにくく、それならば、GLP1ダイエットの効果がでやすいのかもしれません。

 

掲載論文は、 以下のとおりです。

 

J Hum Genet. 2006;51(1):31-7. Epub 2005 Nov 24.
Association of alcohol dehydrogenase 2*1 allele with liver damage and insulin concentration in the Japanese.

 

Suzuki Y1, Ando F, Ohsawa I, Shimokata H, Ohta S.
Author information
Abstract
The Japanese have a polymorphism in the alcohol dehydrogenase 2 gene (ADH2). The alleles of ADH2 (ADH2*1 and ADH2*2) encode more active and less active forms for ethanol metabolism, respectively. We examined whether liver damage and the insulin-glucose axis vary according to ADH2 genotype in the Japanese. The 2,232 subjects (1,126 men and 1,106 women) were recruited from a population-based prospective cohort study. Clinical evaluations including alcohol consumption, percentage of alcohol drinkers, plasma glucose, HbA1c, insulin, AST, ALT, gamma-GTP, and prevalence of diabetes were compared among the ADH2 genotypes. The percentage of drinkers, alcohol consumption, AST, ALT, and gamma-GTP were higher in group ADH2*1/1 than in group ADH2*1/2 or ADH2*2/2 (all P < 0.05). Hence, ADH2*1/1 is associated with excess alcohol intake and liver disorders. However, the prevalence of diabetes did not differ among the three groups. For the glucose-insulin axis, we examined subjects who did not receive insulin therapy or oral anti-diabetes medication. While amounts of alcohol consumed and glucose levels were nearly the same between ADH*1/2 and ADH2*2/2, insulin concentrations were lower in ADH2*2/1 than in ADH2*2/2 (P < 0.05 in men). This finding suggests that the ADH2*1 allele is associated with a lower insulin concentration when alcohol intake is light or moderate. It also suggests that the genetic effect of ADH2*1 plays an important role in alcohol drinking behavior and in the occurrence of liver injury, but the effect is so mild that it does not influence the glucose-insulin axis or prevalence of diabetes.
PMID: 16307179 DOI: 10.1007/s10038-005-0318-9

 

この論文について、未だ、海外でコメント論文を書いてほしい、という依頼がきます。以下のオファーがきました。

 

こうした理屈から、遺伝子検査も、今後、検討したいと考えています。以下の、www.iryoo.styleは、その準備サイトです。来年の課題にしたいと思います。
http://iryoo.style

 

PS.
ただし、このブログを飲んで、「お酒はのんでいいんだ」と考えて、飲酒ははじめないでくださいね。せっかくのビクトーザの効果を、帳消しにしてしまう可能性がありますから。

 

 

あくまで、肥満になった「原因」をみつけるための、科学的手法を、ご紹介しただけです。つまり、肥満は自己責任だけではない、もともと、親からもらった遺伝子も関与していることがある、ということを、申し上げたかっただけです。また、インスリン抵抗性、について、レベルの高い糖尿病専門医が、しっかりとした経験をもって解説していないような医療機関には、受診されないことを、あえて、お勧めいたします。

 

 

Diabetes Updates
ISSN: 2631-5483
Volume : 5
Association of alcohol dehydrogenase 2*1 allele with liver damage and insulin concentration in the Japanese.

 

Dear Yoshihiko Suzuki,

 

Warm Greetings…!!

 

Diabetes Updates is a peer-reviewed, open access journal dedicated to serve as a forum to share the knowledge on research advances in all areas of Diabetes.

 

On behalf of our Editor-in-Chief of the Journal, I am pleased to welcome you to be a part of our successful Journal. Based on your recent published article we are very impressed with your work entitled “Association of alcohol dehydrogenase 2*1 allele with liver damage and insulin concentration in the Japanese.”.

 

Journal
Impact Factor
Volume
ISSN
Diabetes Updates

 

I would further like to develop this journal into one of the most interesting and significant research publications with your submission of article. Available to working in academics, students, researchers and to the wider public globally. Thus, I would like to request you to submit your Research, Review or Mini Review, short communication/opinion/Letter to editor/Editorial which will helpful for knowledge dissemination to our journal readers worldwide.

 

I remain sincerely yours,

 

Best Wishes and Regards,
Charles Einstein, PhD M.D
Senior Managing Editor for Katsunori Nonogaki (Founding Editor-in-Chiefs)
ISSN: 2631-5483
https://www.oatext.com/Diabetes-Updates-DU.php#About_Journal