同じダイエット法を行っても、やせない人がいるのはなぜ?

「 最後のダイエット 」の 連載

 

Q26 同じダイエット法を行っても、やせない人がいるのはなぜ?

 

A 同じ方法を同じ期間つづけても、 減量の効果に個人差があるのは当然です。たとえば減量前の1日の摂取エネルギーが、Aさんの場合は2800カロリーで、一方Bさんが2000カロリーであったとします。2人とも、1日に1600カロリーに制限したダイエットを始めたとすると、Aさんは1日につき1200カロリー、Bさんは400カロリーの摂取エネルギー減になるわけです。

 

ところで、脂肪組織(体重)を1kg減らすのに約7200カロリーのエネルギー摂取減が必要と考えられています。これで計算すると、Aさんは6日で、Bさんは18日で体重が1kg減るわけです。つまり、BさんがAさんと同じだけやせるのに、3倍の時間がかかるのです。

 

いいかえれば、もともと摂取エネルギーが低い人は、体重を落とすのに時間がかかるわけです。これに加えて、低い摂取エネルギーに対する体の調節作用の違いや、体質の問題などが関係して、個人差は多岐にわたるようになるのです。

 

 

出典  最後のダイエット
鈴木吉彦 著  (株) 主婦の友社 発行