太りやすい体質というのはあるのですか

「 最後のダイエット 」の 連載

 

Q9 太りやすい体質というのはあるのですか

 

A 太りやすい体質というものはあるようです。Q7でお話しした赤ちゃん時代の増加もそのひとつといえます。また、消化器官が強く、栄養の吸収が人並み以上に良いという体質を親から受け継いでいる人も少なくないでしょう。

 

さらに、体内での熱の出方には個人差があり、 熱生産が低い人もいます。 これらは、「太る体」というわけではありませんが、「太りやすい体」とはいえるかもしれません。

 

また、新陳代謝が悪いと基礎代謝が低くなるので、同じものを食べ同じ生活をしてもエネルギー消費が少ないので太りやすくなります。

 

また、栄養の吸収率は差がないのに、余ったエネルギーを脂肪細胞にとり込む率が高い場合も太りやすくなるのです。

 

ただ、これらの体質は絶対に変えられないものではありません。生活の仕方や食べ方、運動でいくらでも変わってくることがあるのです。

 

PS.

 

遺伝子検査をうけて、その結果を聞くのも、よいのでしょうが、どのような結果を示されても、結局、やることは同じという意味で、当院では、肥満に関する遺伝子検査は行っていません。

 

出典  最後のダイエット
    鈴木吉彦 著  (株) 主婦の友社 発行