肥満とはどういうことですか

「 最後のダイエット 」の 連載

Q1 肥満とはどういうことですか

 

A ぜい肉がつくなどというためか、肥満(=太ること)のことを肉がつくことと思っている人がいますが、これはまちがいです。肉ではなく、体に必要以上の脂肪がついた状態なのです。この体脂肪のことを医学的には脂肪組織といい、皮下脂肪がその代表です。ですから「体重が多い」=「肥満」とは限りません。スポーツで体を鍛えた人は、 身長にくらべて体重が重くても、 脂肪組織だけではなく筋肉の重さが大きな割合を占めているので、 肥満とはいえません。 逆に、 見た目はそう太っていない人でも、 筋肉が発達していなくて脂肪組織がとても多い場合は、 肥満と考えることもあります。

 

ところで、とかく目のかたきにされがちな皮下脂肪ですが、①寒さを防ぐ、②外界からの衝撃から内臓を守る、などの大事な役目を持っています。また、女性であれば、適度な皮下脂肪は魅力的なプロポーションづくりにも欠かせません。つまり、ある程度の皮下脂肪は必要なものなのです。

 

 

出典   最後のダイエット
     鈴木吉彦 著  (株) 主婦の友社 発行