糖質制限>本当は「追加糖質制限」

「アメリカでは、糖質制限は、当たり前のエビデンスがある。」と、いろんなところでメディアが騒いでいます。でも、ある時、CNNの「StudentNews」をみたら、アメリカの幼稚園でも、過剰な糖質をとらないようにという教育がされているというニュースがありました。Student Newsでは、 Added Sugarを止めましょう、というのがキーワード。アメリカ心臓病学会でも、それは、明確に、Sugarではなく、Added Sugarだと言っていました。
では、Added Sugarとは、何のことでしょう? 単なるSugarとは、どこが違うのです。
「Added Sugar」は、単純糖質を含む、普段なら必要としていない「追加糖質」のことを指します。アメリカ循環器学会でも、糖質と追加糖質を誤解しないよう、細心の注意がなされ、記述がなされています。(addは追加する、という動詞。addedは追加されている、という状態を指す)

 

Added Sugar
https://www.heart.org/en/healthy-living/healthy-eating/eat-smart/sugar/added-sugars


追加糖質(Added Sugar) というのは、簡単に言えば、清涼飲料水などに含まれる糖質やケーキなどに含まれる砂糖などの、嗜好品の中に含まれる過剰な単純糖質のことです。Added Sugar Restrictionとアメリカの幼稚園生が習っているのは、嗜好品の中に含まれる余分な単純糖質をカットしよう、できるだけ、単純糖質が少ない嗜好品をとろう、という、ごくごく当たり前の栄養学的な助言なのです。無駄な砂糖のことです。
「追加糖質を制限する」、、これが正確な世界に普及している、あったりまえすぎる概念であって、一般に日本のメディアで騒いでいる「糖質制限」は、それとは、はるかに、別次元のもの、なのです。

 

追加糖質は単純糖質であって、それを制限すれば、逆に、ごはんやパンなどの複合糖質は望ましいし、それは制限するべきではない、という理屈になるからです。
幼稚園生でもわかる当然のアドバイスであるはずの、「Added Sugar Restriction 」AHAガイドラインが、日本では一部の医師によって、完全に糖質を制限する、ほぼゼロにするというようなダイエットだと、誤訳解釈されているようです。