国際的なエビデンスがある3論文

糖尿病がある場合、糖尿病がない場合も含め、以下の3つの論文を中心に、それを日本人向けの投薬用量に調節したのが、鈴木式GLP1ダイエット(商標申請済み)、です。

 

どちらかというと安全性を中心に考案しました。消費エネルギーを増やす運動は必要ですし、食事制限は1日のカロリー数を考えば、何を食べていけないという不自由さはありません。食事制限をしやすくし、運動しても空腹になりにくく、GLP1ダイエットは、「本来の食事療法と運動療法を手助けする薬物学的ダイエット」です。