ドカ食い異常症、がある方へ

欧州糖尿病学会(バルセロナ、2019) で、唯一、トルリシティが効果がある!体重減少に効く! ということを発表していた学会発表がありました。(ただし、パイロット研究であり、盲検試験ではないので、バイアスはかかります。)

 

Dulaglutide in type 2 diabetes patients with binge eating disorder: pilot study
A De Porto. et al Italy. EASD, 2019. 150

 

2型糖尿病の初期には、胃の排泄機能が特に亢進する事があります。それは、私が1990年に雑誌「糖尿病」(日本糖尿病学会雑誌)に投稿して証明しています。その場合、胃にはいった食物がどんどん小腸におちていきますから、ドカ食いになります。よって周囲には、「ドカ食い異常症」にあるように見えます。この「ドカ食い異常症」にあることを、英語では、Binge eating disorder (BED)と略して呼びます。

 

このBEDをもつ糖尿病患者に対して、糖尿病治療薬であるトルリシティ1日1.5mg(日本のトルリシティの倍量です!)を投与したところ、12週目で、明らかに、トルリシティ群では、BEDが改善し体重も減少し、%脂肪量も減り、血糖コントロールも改善を認めました。

 

GLP1注射製剤は、トルリシティに限らず、クラスエフェクトとして食欲低下もあり、満腹を感じ痩せやすくなりますから、BED、つまり、ドカ食いをやめさせるには、もってこいです、という内容でした。

 

イタリア料理、おいしいですし、ワインもあります。地中海の海産物も豊富です。ついつい食べ過ぎ、ドカ食いは、普通なのでしょう。結論は、糖尿病専門医にとっては、ほぼ想定範囲の事ですけど、これを国際学会で発表するということは、ダンディな学会発表に思えました。

 

なお、トルリシティの投与量は週1回、1.5mgだという事は忘れないようにしてください。日本で扱えるトルリシティの投与量は週1回、0.75mgなので、効果はかなり弱めになります。