肥満は喫煙と同じ!?

糖尿病療養指導士ナース T です。

 

1週間も当院の鈴木吉彦院長は欧州スペインにいって、欧州糖尿病学会(バルセロナ、2019)の全日程に参加し、そこから持ち帰ってきた言葉の中に、この一言がありました。

 

世界の認識は、「肥満は喫煙と同じ」、という扱いになったよ。という一言でした。

 

つまり、喫煙は改善できる、禁煙できる、ということなのだから、肥満も、抗肥満ができる、ということになる時代になるだろう。。。。

 

その一言でした。それをヒントに以下の文章を考えました。

 

_____ 以下、喫煙と肥満について、の私見です。________

 

喫煙は、発がんや動脈硬化以外にも多くのデメリットがあり、「百害あって一利なし」です。当然禁煙が望まれますが、禁煙に伴って、体重増加をきたしやすいことも知られています。3.5㎏以上増加した人に年齢差はなく、口寂しくて間食が増え、摂取カロリーが多くなってしまうことが多いようです。

 

お酒の席は、禁煙に挑戦している人が、誘惑に負けそうになる場面です。
喫煙習慣と飲酒は、体重増加と関連している可能性も指摘されています。
重度喫煙者は、非喫煙者に比べて肥満度が高く、ウエスト周囲長も大きく、喫煙本数と内臓脂肪量は相関しています。
禁煙外来では、体重の変化を毎回確認し、イライラを解消するために、適度な運動をお勧めしています。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)という病名をよく耳にするようになりました。
俗にタバコ病といわれ、長い喫煙習慣で肺機能が低下して息苦しさが続きます。
外出時も酸素ボンベを連れて行かなければなりません。
こうなると、減量のための運動は困難になってしまいます。
やはり、健康のため、ダイエットのために禁煙は必要でしょう。

 

 

糖尿病療養指導士ナース T 著

 

出典 肥満症ガイドライン2016
編集 日本肥満学会
ライフサイエンス出版