注射にしますか? 内服にしますか?

欧州糖尿病学会(バルセロナ、2019年9月16日)からの、ライブレポートです。

 

パイオニアスタディという、ビクトーザ、1.8mgと、経口セマグルタイドとの比較がなされています。実は、HbA1cの低下も、体重の低下も、どちらを選択しますか? というテーマが、この講演会の主たるテーマです。

 

ビクトーザのほうが、やや消化器症状が少ないような頻度のように見えますが、それは、ビクトーザやサクセンダが、投薬量を自由にダイヤルで調節できる「自由がある」からかもしれません。ノボノルディスク社は、大きな有意差はなし、と結論づけています。

 

会場からの質問は、

 

悪心の継続時間は、経口セマグルタイドでは、6週間くらい継続するということですが、ビクトーザやサクセンダは、GLP1タキフィラキシーがあるため、次第に、悪心などの副作用が軽減していくという特徴があります。

 

同じGLP1タキフィラキシーが、経口セマグルタイドでもあるのか、は会場からの質問はでませんでした。しかし、最終的に、99%の人が対応でき、内服継続できたということから、副作用についての心配は、ほとんどないと言えるのでしょう。

 

ここまでくると、ビクトーザ vs   経口セマグルタイド の比較ではなくて、

 

サクセンダ vx  経口セマグルタイド の比較試験が欲しいところです。

 

copyright 桐生