リアル半減期、体感的半減期

リラグルチドの半減期は、1回の投薬では10~11時間、反復投薬では13時間なので、1日1回の投与が、糖尿病治療としては、可能とされています。

 

この点は、バイエッタは半減期の問題から1日2回注射が必要なことと比較すると、糖尿病治療としては便利ですし、製薬メーカーとしても、有利にたてるので、1日1回を原則としています。

 

ですが、どの時間帯に注射していいかは、定まっていません。

 

通常、注射をしてから、15分から30分もすれば、食欲中枢が感じて、「食べなくてもよい」という感じがでるので、そこに合わせて、大きな食事、いわゆる、Big Mealをあてる、というのが賢い方法です。

 

バイエッタは、血液中半減期は2~4時間と短いため、1日2回の皮下注射が原則です。バイエッタは食欲されていない時間を持てるという意味で、「自由」さがある薬剤です。

 

また、体感として感じる半減期とは異なる感覚は、人それぞれです。だいたい、リラグルチドで、0.9mg 以下であれば、注射して10時間もすれば、また、空腹感がもどってきます。

 

サクセンダになり、2.4mgあるいは3.0mgになると、薬としての半減期というより、血液中濃度としての高さ、濃さが、維持できるので、いつ注射しても、同じような「満腹感」が得られるはずです。

 

体感的には半減期はあるの? と思うくらい、いつでもお腹がすかない状態をキープできます。