ちょっと、朗報。GLP1ダイエットに追い風。

ノボ社からは、動画は、絶賛されました。
これで、当分、医師としての評価は大丈夫かも。。

 

そこで、朗報です。

 

ビクトーザが、1.8mgまで認可されるとのことです。

薬価も、安くなるのではないか、と期待されます。

 

薬価が安くなり、1回での注射量が増えれば、
朝1.2mg、夕方1.2mgとか、
最大で、1日3.6mg(朝1.8mg、夕方1.8mg)までの
投薬が可能になります。

 

当然、アメリカ人的な体型(たとえば、130kg)の肥満の人にも、
どうどうと、GLP1ダイエットを、おすすめできそうです。

 

治療の幅、選択枝が増えるということは、いずれにしても、朗報です。

 

 

PS

 

糖尿病外来で、ビクトーザを処方していると、糖尿病の病名をもっているほうが、経済的に有利なせいか、外来でも、処方を希望されることが増えました。

 

病気がもっているほうが、肥満治療を受けやすい、、なら、糖尿病になったほうがいいと考えてしまう人が増えるかもしれない、とすら思ってしまいます。