糖尿病の外来でも、思わぬ希望者が。。

私の外来に通院している糖尿病患者さんの中でも
このブログを読んで、GLP-1受容体作動薬治療を希望される方が
急増してきました。

 

これまでは、「痩せる」、という説明をしなかったわけではないのですが、
飲み薬では、血糖がさがらないし、どうせ、注射なら、「痩せる注射」が
手っ取り早いという発想を、される患者さんたちが増えてきたようです。

 

その意味では、糖尿病の臨床において、かつては、

 

「注射」 イコール 「インスリン」

 

だった、みなさんの発想が、

 

「注射」 イコール 「GLP-1受容体作動薬」

 

という発想に、変わっていってくれてきたことは、
私の外来の運用においても、大きな変化に、変わってきています。