糖質制限ダイエットは、なぜ脱落するのか?

ここに示した論文は、2006年に、発表された論文で、仮説です。Medical hypothesesとう雑誌に医学雑誌に掲載されています。炭水化物を制限したダイエットで、空腹を継続していると、特殊なケトン体がたまり、一時的な幸福感を自覚するので、その時は、ダイエットに成功しやすい、それは何故なのか、を推察した内容です。

 

Brown博士の考えでは、その裏側には、date raping drug (女性をデートに誘って、レイプするための薬剤)と類似の構造体をもった成分(γーhydroxybutyrate)が関与しているのだろう、という仮説です。

 

この学説は好きで良く引用します。

 

だって、糖質制限をしている学者たちの講演会を聞くと、ひたすら何かにとりつかれたような理論を並べて、それで、Happy、な様子がうかがえるからです。そうした医師たちは、他人の話を聞く様子はありません。なぜか、頑固な医師が多いようです。

 

これって、昔から宗教の世界では利用されている技術です。特に、様々な宗教の行事に「断食」という儀式があるのは、この生物学的な反応を利用して、幸福感を感じさせ、一時に飢餓による苦しみを忘れる事に、楽しみを覚えるからかもしれません。そして、どの宗教の指導者たちも、自分たちの信じる事が1番だと唱えます。つまり、「頑固」な人が多いですよね。なぜか、似てます。

 

ただ、脳も、こういうγーhydroxybutyrateを、ずーーと、長く、ブドウ糖の代用物質としては、利用してはいけないのでしょう。途中で本物のブドウ糖がほしくなり、結局は、半年程度で我慢の限界がきて、リバウンドに走る、ということなら、納得できます。

 

糖質制限は、脂質制限より、減量しやすいが、すぐリバウンドする。

 

この現象を、サイエンスとして説明するには、

 

 

「糖質制限をすると、脂肪が分解して、γーhydroxybutyrateが血液中に増え、脳細胞へと到達し、それが、幸福感をもたらしている間は、ダイエットが続くが、γーhydroxybutyrateが、脂肪細胞から出尽くすか、あるいは、脳細胞自身が、γーhydroxybutyrateを、ブドウ糖の代用品として認めなくなったときに、無性に、空腹感が増し、リバウンドしてしまう」と考えれば、つじつまがあいます。

 

かつては栄華を誇ったライザップでしたが、そのライザップで、糖質制限指導をうけた人たちの、どのくらいの人が、リバウンドしたのか、統計がとれるものであれば、とってみてみたいものです。