90kgから5kgやせて、気づいてもらえない悔しさ

抗肥満薬の定義は、もとの体重から、5%以上、やせることができれば、
その治療は成功と言えます。
厚労省が決めた、抗肥満薬、であることの基準は、体重のKgそのものではなく、つまり、減量量ではなく、%、なのです。通常、それは、5%以上を目安とされています。

 

ですから、もし、90kgの女性が、GLP1の治療をして、
9kgやせれば、−10%減。
4.5kg、やせれば、−5%減。
ですから、GLP1ダイエットで、5kgやせれば、成功と言えるわけです。

 

ところが、女性の場合、90kgが、85kgになっても、
周囲は、誰も、やせたとは気がついてくれない、
という人もおられます。

 

「せっかく、やせたのに、ご主人も、周囲の人も、誰も、わかってくれない、
努力の成果を理解してくれない、どうしたら、いいでしょう?」

 

そういう相談を受けることもあります。

 

実際、ダイエットを始めたことがある人であれば、自分はともかく、
周囲の人がどう言うかは、すごく気になるはずです。

 

そういう視点で考えると、やはり、−10%は、やせないと、
周囲の人はきづいてはくれなさそうです。

 

ちなみに、GLP1ダイエットでは、半年で、平均−9.5%くらいの体重減少が期待できるとされていますが、これは、ぎりぎり、周囲が、「やせたねー」、といって褒めてくれるラインくらいの減量になります。

 

周囲が認めてくれる、、そこまで来ると、なかなか、それ以上、減量しようとしても、モチベーションが湧かなくなることもあります。

 

医学的な定義では、−5%が、カットオフなのでしょうが、
実際、ダイエット外来をしてみると、−10%が目標という女性が多いのは、
こうした理由なのかもしれません。