反応性低血糖、で、キレる、おなかが空く女性にも有効

女性で、特に、高インスリン血症、つまり、インスリンの分泌が多い場合、あるいは、
食物から経口で入る糖質などの量が多い場合に、「反応性低血糖」という現象が起こる場合があります。

 

これは、以前から、肥満が多い欧米女性に多いとされていた現象です。
ですが、最近の日本でも、増えてきている現象であり、時々、ダイエット外来をしていると、この「反応性低血糖」に対して、GLP1ダイエットは有効ですか?と質問されることがあります。

 

答えは、「きわめて有効です。」

 

なぜなら、反応性低血糖は、胃にはいった糖質がすばやく小腸上部から吸収されることで、急峻型の高血糖カーブを描きます。簡単に解説すると、「食べると、すぐに高血糖になっている」のです。ですから、甘いものが好き、お菓子が好き、スイーツが大好き、という女性に多いとされています。

 

そういう高血糖に対して、若い女性は、あるいは、糖尿病がない健常人では、すぐに、膵臓のβ細胞から、インスリンが分泌され、高血糖を解除します。つまり、正常血糖にもどそうとするわけです。ですが、そのタイミングが、あまりに早くて、かつ、食事に糖質以外の食材(蛋白質や油脂など)が、含まれていないと、食後には、過剰に分泌されたインスリンによって、正常血糖 以下、つまり、低血糖レベルまで、血糖値が低下してしまうのです。

 

こういう現象を「反応性低血糖」、英語では、Reactive Hypoglycemia、と言います。

 

よく、甘いものばかり食べている女性が、突然、「キレる!」、という場合にも、こういう反応性低血糖が潜んでいることが多いものです。

 

診断は、ブドウ糖負荷試験などで、すぐに、糖尿病専門医であれば、簡単に診断できます。

 

さて、GLP1は、胃から小腸への食物の排泄速度を、ゆっくりにします。ですから、急峻に、高血糖が起こりにくくなります。ですから、急激なインスリン分泌も起こりにくくなります。インスリンが過剰に分泌されると、高インスリン血症になり、慢性化すると、インスリンは脂肪分解を抑えるので、太りやすくなるわけです。

 

GLP1は、そうしたインスリン分泌を、食物が入る速度をゆっくりにして、適度に、タイミングよい分泌の仕方に、変更してくれるのです。ですから、GLP1ダイエットでは、GLP1が、インスリン分泌作用があるにもかかわらず、ダイエットができるわけです。

 

また、反応性低血糖がなくなることで、食後の、「イライラ感」が消えます。迷走神経が優位になるともされています。ですから、GLP1ダイエットでは、食事をした後は、満腹感が続き,イライラ感がなくなり、性格としては、「おだやかな」タイプになります。

 

もし、このブログを読まれている読者の方で、「反応性低血糖」、について、思い当たることがあれば、ぜひ、GLP1ダイエットを、おすすめします。性格が「おだやかになります。」。ですから、周囲の人にも好感をもってもらいやすくなります。

 

また、リラックスした状態になるので、血圧もさがります。食後におちつきがない人、食後数時間すると、おこりっぽくなる人、食後数時間すると、おなかがすいてたまらなくなる人、そういう場合には、ぜひ、「反応性低血糖」という用語を覚えていただいて、GLP1ダイエットの注射療法で、治療し、改善してみることをお勧めいたします。