やっぱり、痩せる。糖尿病外来の知識をフル活用すれば

糖尿病外来を実践していると、痩せる、痩せない、という話題は、
日常会話のひとつ。

 

バイエッタ、ビデュリオン、リキスミアなど、
GLP-1受容体作動薬で、やせる薬は、いくらでも保険診療で
処方できます。

 

ビクトーザだけではなく、どれも、食欲がおち、体重は減ります。
バイエッタ、ビディリオンの処方で、どれだけ、多くの患者さんたちに
ラッキーです、と言われたか、わからないくらい。。
最高で体重が減った患者さんは、マイナス17kg、でした。

 

それでも、GLP1.comで、ビクトーザを処方するのは、
GLP1タキフィラキシーという現象を、強く持っているのが、
ビクトーザだけ、という理由から、なのです。

 

糖尿病で、すごく、上手に体重を管理できるのは、
バイエッタを注射している人が多くおられます。
5μg、と、10μg、とを、使い分けしている患者さんが、
最も体重コントロールが上手です。

 

5から10に、あがると、食欲は、計算したかのように、
低下し、「食べられなくなります」。

 

バイエッタを処方してから、
2から3kg、を、2週間で、減量できるのは普通の臨床では、よくみかけることです。

 

ただ、このバイエッタの治療は、タキフィラキシーが起こりにくいので、
いつまでも食欲低下が継続しますし、長く服薬していても、胃の蠕動運動を抑える力は弱まりません。ちょっと矛盾しているきもしますよね。そういう薬のほうが、体重は減りやすいのに、抗肥満薬、には、ならないというのは。。

 

将来、オゼンピックが処方できるようになれば、こうした矛盾も、すべて解決してしまうのかもしれません。オゼンピック、一般名、セマグルチドが、日本で処方できなくなった本当の背景が、知りたいとことです。やっぱり、「痩せる薬」と、わかっている薬に対しては、厚労省は、厳しいのでしょう。

 

ともかく、糖尿病の外来では、今、ある「痩せるGLP1ホルモン」注射は、保険で十分、処方できます。

 

処方するとき、「やっぱり、注射は嫌です。」ということを、話されない患者さんがおられますが、それだけは、避けていただければ、糖尿病の臨床は、半分、肥満外来と、同じレベルにまで、充実したスタイルに、なっているのは、たしかです。