ダイエットすると喘息も治る?花粉症には朗報

肥満児では、喘息の約4分の1が肥満と関係していることが発表されました。
(Pediatric, 2018年、11月26日、オンライン版。から。)

 

米国では小児の喘息と肥満との関連を検討した報告が発表されました。平均4年間の喘息発症リスクを検討すると、喘息の発症リスクは、肥満があると、26%上昇したとのことです。なぜ肥満があると喘息を引き起こすのかの機序は不明です。

 

ただ、肥満を改善すれば、喘息の発症を予防できるとすれば、ダイエットの効果として、喘息発症の抑制という効果が期待できるということになります。

 

そろそろ花粉症のシーズンになります。花粉があるだけで、気管支喘息になり、外出できない、運動不足になる、だから肥満になる、という関係は容易に推測できます。喘息があれば、肥満になりやすいというのは、よく知られた事実です。

 

ですが、今回の発表は、肥満があると、喘息になりやすい、ということなので、やや話は複雑になります。この論理が成り立つと、肥満を治せば、喘息になりにくいことになります。であれば、花粉症の時期には、ダイエットをすれば、気管支喘息も軽減するといえるかもしれません。

 

当院の専属ナースは、ダイエットをしたら、花粉症が楽になったとのことです。

 

もし、本当にこの関係が証明されれば、GLP1ダイエットは、花粉症がひどい人にも、お薦めのダイエット法になります。

 

花粉症があると、運動ができない分、血糖が高くなりやすく、糖尿病が悪化することは、より臨床現場では経験することです。

 

ですが、あえて、この時期に、減量する臨床を行えば、花粉症も、楽になるかもしれません。あくまで、減量ができれば、ですが。

 

特にセレスタミン(経口ステロイド剤)を服用しなくてはいけないような重度の花粉症をお持ちの場合、(私がそうなのですが。。)、

 

GLP1で、ステロイドの食欲亢進効果を断ち切るというのは、他の治療では無理で、それが有効だという意味では、GLP1ダイエットならではの特徴になるかもしれません。