我慢しない、頑張らない、なんて、あり得ない。笑

朝、おきたら、uTubeに、この動画のキャッチフレーズが。。
今日は、朝が、多忙なので、後で、解説しますが、
少なくとも、薬を、使った臨床は、あくまで、
本人の体の状態を補助するものです。

 

ですから、

 

我慢しない、ではなくて、我慢したくなる欲望を助ける、

 

のが薬物療法です。我慢しない人には、薬物療法は効果がありません。
それは、糖尿病治療を、まじめに、行っている臨床医なら、誰でもしっていることで。
いくら薬物療法を行っても、食べ放題に食べている人、運動をしない人では、
血糖コントロールも、体重減少も、期待できません。
なので、「我慢しない」、は、どう考えても、素人医師の考える、
間違った指導キャッチコピーになります。

 

頑張らない、というのも、あり得ないです。

 

GLP1の治療ガイドラインでも、食事療法と運動療法は、まもった上での
治療であることが明記されています。その意味では、
「頑張っている人を、応援するのが薬物治療」の、本質です。

 

つまり、GLP1治療の、本質を、あたかも、
ど素人向けにして、薬効を逆手にとったキャッチコピーの
つけかたは、いかにも、怪しい治療であるかのような印象を
与えかねません。

 

我慢もしない、頑張りもしなければ、それだけ
治療も成功しにくくなります。
薬を処方する、その医師にとっては、治療を継続してくれる患者を増やすからよいのでしょうが。。。。通常は、ありえない指導です。美容外科ですら、使っていませんし。

 

私たちは、もっと、ましな、キャッチコピーを考えますが、
とりあえず、GLP1を日々、処方している、臨床の糖尿病専門医としては、
このキャッチコピーは、間違いであることは、言及しておきます。