ビクトーザとサクセンダとの違い。

最近、問い合わせのメールで多く聞かれるのが
「ビクトーザとサクセンダの違いは何ですか?」
です。結論から言えば、ビクトーザもサクセンダも成分は同じ「リラグルチド」です。

 

総量は、同じ18mg。ビクトーザがメモリが0.3から0.6.0.9の3パターンに対して、サクセンダは、0.6から0.6刻みの3.0までメモリがあります。

 

ビクトーザが糖尿病の治療で使われているのに対して、サクセンダは日本ではアメリカ人のようにB M Iが30のかたが少ないため、製薬メーカーで治験が行われず、その結果、日本では、サクセンダは、未承認です。

 

取り扱いが日本ではないので、輸入して、安全に診療後、皆さまに提供させていただいてます。

 

院長が診療で話しているのは、「サクセンダが本物の抗肥満薬です」
同じ成分でも、やはりサクセンダの方が強力に感じるのは何故でしょうか⁉️

 

1回の投与量がサクセンダは、3.0まで増やせるのに対して、ビクトーザは1.8までなのです。

 

サクセンダは、1回量が多いことで、血液の中の濃度が上がったままの状態が長く続きます。

 

ただ、食欲を落とせるまでに、かなりの個人差があるようです。

ダイエットナース 岩渕予志子著