癌の生存率とGLP1ダイエット

 

当院は、もともと人間ドックを中心としていたクリニックでした。人間ドックを日本で最初に行ったクリニックとしての歴史があります。当院の人間ドックの特徴は、即日、結果がでて、即日、総合担当医が説明をする、という迅速で、その日のうちに結果を丁寧に説明する、ということを得意としてきた、人間ドックです。

 

ですが、当院のような「迅速で親切な」人間ドックであっても、それに対する需要は近年、減ってきました。その最大の理由は、癌の生存率があがったからかもしれません。最近の新聞で報告された癌の5年生存率の平均は約66%。つまり、癌と診断されても、3人に2人は「助かる」「治る」という時代になったわけです。

 

よって「迅速でなくてもよいし」「親切丁寧でなくてもよいし」、であって、「結果さへ送ってくれればいい」という人間ドックのほうが人気がでるようになったのかもしれません。かつ「安い人間ドック」のほうが人気がでてきたのでしょう。

 

こういう背景もあって、当院では「人間ドック」(自由診療枠)の時間帯を有効活用し、「GLP1ダイエット外来」(自由診療枠)へと「切り替え」を行ったわけです。固定費も変わりませんし、スタッフも、そのままです。家賃も従来通りで追加はありません。
ですから、GLP1ダイエットの運用を「安価」に抑えることができています。「薬代」を、業界最安値を維持することができています。

 

そう考えると、当院で、GLP1ダイエット外来が、高品質で、日本で最も安い薬代でご提供できているのは、癌の5年生存率が高まったことと、密接に関係していたわけでした。

 

ただし「迅速で親切な」という基本コンセプトは、GLP1ダイエット外来の医療であっても、同じ哲学、同じ倫理観で、行っていこうと思っています。こうして、沢山の情報公開をしているのも、同じ倫理観です。