クラウドファウンディング型、GLP1ダイエット

クラウドファンディングは防災や市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資[4] 、映画[5] 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究[6] 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。(Wiki)

 

その中でも、
プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」

 

という形式がある。

 

つまり、GLP1ダイエットを長く継続したい人から、最初、お金を募って、
例えば、ある金額まで到達すれば、それで、私自身が人を雇用できるし、安定した事業展開ができる。

 

それによって、実現できたら、そのプロジェクトに参加してもらっている人には、
例えば、1ヶ月5万円で、GLP1ダイエットを継続できるようにする、という形式をとれるかもしれない。

 

既に会員となっているわけだから、宣伝して、人を集める必要がないわけで、その分、浮いた費用を、治療費に回せるからである。

 

以前から、クラウドファウンディングは、やってみたいと思っていたが、可能だろうか?
それを実現するためには、どのくらいの資金を集め、どう運用したら、よいのだろう。

 

2年後に、セマグルチドが発売されることも考えて、その上で、計画をたてておかないと、おかしなことになるかもしれない。

 

購入型は主に一般消費者が資金の提供者となることから、瑕疵担保責任が生じるほか、特定商取引法や景品表示法など消費者関係法の規制対象となり、提供される商品の対価によっては。寄付型と同様の税制上の問題を生じる。

 

この問題だけは、クリアしないといけないが、長くGLP1ダイエットを継続したいと考えている人にとっては、最初、ある程度、投資すれば、あとは、長く、安い金額で、GLP1ダイエットを継続できるので、長い目でみれば、お得になるのかもしれない。

 

まじで、考えてみようと思います。