肥満外科手術をうけた人に追加でGLP1治療を行ったら。

肥満外科手術を勧められたが、それを拒否して、あえて、GLP1ダイエットを始める、という受診者もおられます。

 

外科手術は、確かに確実ですが、逆流性食道炎を併発したり、体重減少が成功しなかったり、体重がプラトーになったり、あるいは、結局、もとにもどってしまう(weight recidivsm)を起こしてしまうことも、それが広がるごとに知られるようになってきました。そこで、一度、肥満外科手術を受けた人が、GLP1治療をうけたら、どうなるか、を臨床研究した論文を紹介します。

 

Efficacy of High -Dose Liraglutide as an Adjunct for weight loss in patients with prior Bariatric Surgery.  Obesity Surgery (2018) 28: 3553-3558

 

を翻訳してみます。

 

対象は、33名の連続して後ろ向きに観察できた対象者で、年齢は18から65歳。既に、過去に肥満外科手術を受けていた人たちでした。適応とされる条件は、最も最低となった体重から10%リバウンドし体重が増加している場合、あるいは、減量効果が20%未満で留まってしまっている場合、あるいは、目標に到達していないと考える人たちを、対象として選んだ。

 

結果を先に話すと、、、

 

最終的には、20名が、上記の条件に合致して、治療を続け、解析されました。その結果、16週目では、さらに体重が減ったのは、ー7.1%の減量ができ、28週目では、−9.7%の減量ができ、いわゆるダイエットに成功した、という結果になりました。

 

BMIとしての変化は、16週目では、−3.5 kg/m2 であり、28週目では、−4.7kg/m2でした。

 

結論としては、シンプルで、肥満外科治療をうけた人では、その時点で、既に、
GLP1が高濃度であるはずですが、さらに、追加の、GLP1を投入することで、追加効果が期待できる、という内容です。

 

20名の体重の推移が記載されてあり、最も低いレベルで、手術前が96.8kg。
外科手術プラスGLP1治療で、最終的には、81.6kgまで減少。
最も肥満していた人では、207kgの体重が、最終的には、120kgまで、減少したという脅威的な結果でした。

 

肥満治療は外科と内科がタッグを組む、時代になったのか、という実感ですが、海外のデータは、それにしても、最低でも97kgから開始なので、参考になるのか、どうか、、は、やや不安な点が多いようです。