3年間、GLP1ダイエットを続けたら、どうなるか?

improvements in health-related quality of life over 3 years with liraglutide 3.0mg compared with placebo in participants with overweight or obesity

 

Clinical Obesity, 8:1-10, February, 2018

 

GLP1ダイエットは、どのくらい続けたらいいのですか?やめたら、どうなりますか?という質問を受けることが多いので、3年間、継続した場合の、海外のデータを、ご紹介します。特に、QOL(生活の質)について、評価した結果です。

 

結論から話しますと、

 

physical function , 身体的機能の向上
Self estimatin,  自尊心の向上
Sextual life,  性生活の向上
Public distress, 公的な場でのストレス
Work,  仕事上での向上
 などが認められます。プラセボ群、つまり、このGLP1ダイエットをうけなかった人たちと比較すると、Odds比は2倍以上になります。

 

他にも、

 

身体に痛みがあった部位が解消したり(膝痛?)
バイタリティが向上したり、
情緒的な改善が認められたり、
メンタルな面でも健康になることが証明されています。

 

このように、GLP1ダイエットは、継続すれば、長期にわたって、健康にとって
よい効果をもたらすことが、2018年になって報告されています。

 

ダイエットには、ついつい、短期的な減量効果ばかりを求めがちですが、
長期にわたってダイエットを継続することで、健康的な生活をとりもどせ、
もちろん、リバウンドはない、というのが、本当のサイエンスレベルで行う、
医師が処方するダイエットということになります。

 

このあたりが、3ヶ月で自分にコミットして、やせるけど、その後は、コミットできなくなり、リバウンドしてしまう、●●●●●などのテレビでコマーシャルをしていた、ジムダイエットとは異なる点と言えるかもしれません。

 

また、GLP1ダイエットでは、糖質制限など、いっさい、行う必要はありませんし、国際的には、糖質制限は無価値なので、無視してください。GLP1ダイエットは、どちらかというと、脂油類を食べられなくなるので、むしろ、炭水化物系は、大丈夫です。その意味では、日本人にはむいていると思います。

 

以前、ご紹介した、海外では、Added sugar(追加糖質)がいけない、といっているだけです。普段の糖質や炭水化物がいけない、としている医学的な学会や、ガイドラインはありません。