やせないGLP1注射を宣伝する医療行為は許される?

糖尿病の臨床を、日々、行っていて、実臨床に触れていると、
嘘の宣伝、虚偽の宣伝が巷にでまわっているのが、どうも、気になってしょうがない。

 

ダイエットの世界では、それが普通(フツ−)のようだが、糖尿病の治療薬が、
そのように巷に誤解されるように、普及されていくことには、
歯止めをかけなくては、という気持ちが強くなる。

 

東京の、ある有名美容外科クリニックのサテライトクリニックでは、
糖尿病専門医でもなく、日本成人病(生活習慣病)学会会員、と称する腎臓学会専門医が、1週間に1回、注射のGLP1受容体作動薬を、「費用は安価」、として自由診療で販売している。

 

この分野に精通している、、、とあるが、どの分野なのだろう、、、。生活習慣病学会って何?なぜ、( )付きなの?正直、怪しすぎる。

 

1週間に1回にGLP1受容体作動薬といえば、ビデュリオンか、トルリシティしか、日本では購入できないはずだが、ビデュリオンについては、私の処方量はダントツトップなので、ビデュリオンでは、この医師とは、比較にならない。もし、トルリシティだとすると、確かに、簡単には注射でき、一般向けだが、この薬は体重が減らないことで、有名な薬である。もし、このクリニックで、糖尿病内科を受診されている外来患者が、トルリシティで体重が減ると指導されていたとしたら、大きな誤診をされているはずであろう。

 

プランA, プランB、とあるが、プランBは、ビクトーザだろうし、それは、あたかも高かで、採血もあり、とあるが、その金額は、なんと、初回89,800円である。

 

私たちの金額は、39000円だから、そんなに高価にはならないし、採血のデータを糖尿病専門医でもない医師が、正しく判定できるか、疑わしいものである。1ヶ月コースにしては安いのかもしれないが、おそらく、薬剤費は最小限だろうから、コスト的には、ビクトーザ2本だとすると、それは、めちゃ高い医療行為であろう(あくまで推測だが。)つまり、なんか、嘘っぽい匂いがプンプンしている価格構成である。

 

テレビでも宣伝している美容外科のサテライトクリニックなので、GoogleのPR宣伝も、派手に行ってはいるが、医学的には、素人レベルの医療であり、到底、GLP1受容体作動薬について精通している医師が行う医療とは考えがたい。

 

ストレスを感じにくい
運動が苦手が方でも大丈夫
体質改善しながらダイエット
というのが、キャッチフレーズだが、痩せる、という用語は、一言も使っていないのが、美容外科の話術というか、テクニックなのだろうか、、。。謎が多すぎないだろうか?

 

トルリシティであれば、食欲は一時的に抑制するが、効果が切れるように設計している薬剤のため、すぐに反動が起こり、体重は、ニュートラルというのが、糖尿病専門医の日常臨床である。いくら、超有名美容外科のサテライトクリニックとはいえ、素人まがいの医療を行いつづけるのは、GLP1ダイエット自体の信頼を失墜させてしまう、医療行為としか思えない。このサイトをみるたびごとに、イライラしてしまう。「代謝については何もしらない、素人医師はひっこんでいてほしい。。」と、つい、思ってしまう。