GLP1ダイエットを始めてから、食費は減ります。

GLP1を注射すると、食事を、腹一杯に食べたいという欲望はなくなります。

 

肥満男性であれば、「食べ放題!」という誘い文句には、
一切、関心がなくなります。

 

忘年会の時期ですが、「飲み放題!」も、興味がなくなります。

 

誰かと一緒に食事をしにいくと、他の誰かの、食事の一部をわけてあげたい、という衝動に、かられます。全部は、ひとりでは食べきれないからです。

 

ですから、必然的に、食費は減ることになります。

 

うっかり1日3食、食べ忘れていた、ということも、稀ではなくなります。

 

「1日3食、食べなくてはいけないんでしょうか?」
と質問されたこともありますが、
食べるのを忘れるくらいに、食欲が低下してしまうので、
そういう質問にも、答えにくくなります。
1日2食で済んでしまうことも、稀ではなくなるからです。

 

たしかに、「薬」を注射しますから、「薬代」は、かかります。
1日に計算すると、1食分くらいに相当してしまうかもしれません。

 

ですが、1日1食分の食費が浮いたと考えて、かつ、
減量に成功したとするならば、他の、「なにかを制限しなくてはいけないダイエット」や
「なにかをしなくてはいけないダイエット」と比較すると、
費用対効果は悪くはないのかもしれません。

 

今日は、クリスマスイブ。
こういう日に、ケーキは食べたい欲求はでますが、
その欲求を、GLP1という薬物治療で抑える、という体験は、
実際に体験できる人でないと、共有できませんよね。

 

ケーキは高級ケーキを、一口だけ、、にしましょう。