海外にGLP1注射をもっていく時、どう話すか。

そろそろ年末年始の予定をたてる時期になりました。海外に旅行にいく時、注射をもっていこうかどうか、迷われている方が多いかと思います。そういう方のために、空港での英会話を準備しておきます。 以下のように、会話してみてください。

 

まず、

 

「リラグルチドを、肥満治療として、もっていきます。」

 

とおっしゃっていただければ、大丈夫だと考えます。

 

ビクトーザも、サクセンダも、一般名は、「リラグルチド」です。

 

英語では

 

I am obese。

 

I'm injecting Saxenda or Victoza、It is liraglutide.

 

Liraglutide is a drug of anti-obesity, which is approved by FDA in America and in other many countries.

 

I inject by myself and to myself. It is safe, prescribed by official diabetologist.

 

こう話をしていただければ、ほとんど、大丈夫と考えます。糖尿病専門医(Diabetologist)から処方されてます、と言えば、まず大丈夫でしょう。

 

PS
後日、Medical Certificateは、個別にお送りします。当院に通院の受診者の方限定です。もちろん。