GLP1.com: ダイエットプラクティス。開始。

とうとうGLP1ダイエットの外来を始める準備も、できました。

 

GLP1受容体作動薬は、糖尿病の治療薬としては、
もう十二分に臨床応用している薬剤です。

 

製薬メーカーの調査でも、
東京都内では、
GLP1受容体作動薬を処方しているクリニックとしては、
私たちのクリニックが、ダントツの1位でした。

 

大学病院、総合病院を含めても、それでも、
東京都内で6位でした。
もちろん、クリニックとしては1位です。

 

それほどまでに、GLP1受容体作動薬を処方している私たちの
医療施設で、GLP1ダイエット、を行わないのは、
かえって、おかしいのでは?
と疑われるくらいです。

 

さて、なぜ、このダイエットを始めるきっかけは?
と聞かれるかと思いますが、それは、
やはり、国際学会に参加した時の体験でした。

 

GLP1をダイエット用薬剤として用いるアイディアは国際糖尿病学会(EASD, 2017)で発表されました。講演中は、話を、ぼーとしてきいていて、
なんか、たいしたことないや、肥満の話か、と思って、たちさそうとしたその瞬間、

 

その会場にいた聴衆や、参加者は、割れんばかりの拍手が起こる様子を見てきました。
いわゆる、スタンディングオベーションという拍手でした。

 

本当に、この治療、世界の肥満治療の主役になるだろうか?

 

ずーと疑っていましたが、2018年、オーランドで開催されたアメリカ糖尿病学会ででも、そして、ドイツ、ミュンヘンで開催された欧州糖尿病学会ででも、
この「GLP1受容体作動薬を抗肥満薬に応用する」というアイディアは、
減速するどころか、むしろ、加速していたのでした。

 

これらの国際学会に参加して、「国際標準に遅れをとっては、いけないだろう」、、そう考えたのが、一臨床家としての率直な考えでした。そうした国際学会での最先端の動向が、私が、この外来を始めようと考えた大きな、きっかけになったのは、間違いありません。