Supersize Not Me

以前、「Supersize Me」という映画が、アメリカで制作され、日本上陸する前にオーストラリアで、ヒットになりました。

 

その時、標的とされた、マクドナルド会社から、私が、「顧問」?、アドバイザリーになってほしい、という依頼をうけたことがあります。

 

「Supersize Me」は、マックのスーパーサイズを食べ続けた中年男が、
結局は、肥満になり、生活習慣病予備軍になっていく、ドキュメンタリーを、
そのまま映画にしたもので、マックの商業戦略を、痛烈に批判した映画でした。

 

オーストラリアでは、映画がヒットし、相当、売り上げに響いたとのことで、日本上陸する前に、私に、白羽の矢があたりました。

 

なぜ、私かというと、正当な糖尿病専門医であること、の他に、
「外食コントロールブック」や、「外食カロリーブック」という
累計80万部を超えるダイエットベストセラーの監修医師、制作医師だったからです。

 

それらの本の中には、マクドナルドのハンバーガーは、ポテトチップスとコーラさへ飲まなければ、まさしくバランスダイエット食である、と明記してあります。

 

他の、糖尿病専門医は、こぞってファーストフードを攻撃し、まっさきに食べてはいけない食事の代表のように語る医師もおります。しかし、それは、間違いです。ハンバーガー、単品自体は、かなりのバランスダイエットをもった食事なのですから。

 

問題は、ポテトチップスと、Added sugar (追加糖質)を含んだコーラなどの清涼飲料水が、ダイエットの敵なのです。

 

そういう正論を、ずっと出版で述べていたのは、当時、私だけ、だったようでした。他の医師は、まったく、ファーストフードは悪者、というだけで、根拠なくバッシングしていた時代だったから、なのでしょう。

 

そういうことで、素直に、、マクドナルドのアドバイザリーを引き受けました。
なにをしたのかは、企業秘密にもなるので、ここでは記載できませんが、
いずれにしても、日本人が、Supersizeになることは、なかったようです。

 

余談ですが、、

 

私だけは、supersizeになりたくはない、、

 

もしかしたら、Supersize not Me 、そういうタイトルの風刺映画を、
もし、GLP1ダイエットを行っている受診者が、映画風に撮影させていただけるとしたら、それは、それで、いろんな話題をかもしだすかもしれません。