The SCALE Diabetes:糖尿病における減量治療

GLP1治療は本来、糖尿病治療の薬剤です。ですから、本来であれば、糖尿病において、血糖コントロールに寄与するだけでなく、糖尿病においても体重減少をもたらし、それによって糖尿病の合併症を取り除くというのは、糖尿病専門医なら、誰もが望む治療になるわけです。

 

そのGLP1治療の本来の姿を、検討した研究がThe SCALE Diabetes スタディと呼びます。

 

Efficasy of Liraglutide for weight Loss among patients with type 2 diabetes
The SCALE diabetes randomized clinical trial
JAMA 2015: 314('): 687-699

 

ビクトーザを2型糖尿病にもちいて、体重減少効果を観察した研究です。
いわゆるRCTと呼ばれる大規模臨床研究で9カ国、126の医療施設で行われ、2011年から2013年にかけて始まり、論文としては、2015年に発表されています。

 

1361名の参加者を募り、BMIが27以上の対象者は846名でした。18歳以上が条件で、糖尿病薬は、ゼロから3剤までが許容されています。メトフォルミン、チアゾリジン系薬剤、そして、SU剤も、この中に含まれています。HbA1cは7から10%の間でした。

 

リラグリチド3mg群は、423名。リラグリチド1.8mg群は211名。プラセボ群は212名に割り付けられました。そして、全員に、1日、500キロカロリーの食事制限をすることと、身体的活動を1週間に150分以上行うことが勧められました。

 

その結果

 

BaseLine
リラグリチド3mg群・体重は105.7kg
リラグリチド1.8群は、体重106.5kg
プラセボ群は体重106.5kg

 

体重減少率は
リラグリチド3mg群では、6% (6.4kg)
リラグリチド1.8mg群では、4.7%(5.0kg)
プラセボ群では、2.0%(2.2kg)

 

5%以上の体重減少に成功した割合は
リラグリチド3mg群では、54.3%
リラグリチド1.8mg群では、40.4%
プラセボ群では、21.4%

 

10%以上の体重減少に成功した割合は
リラグリチド3mg群では、25.2%
リラグリチド1.8mg群では15.9%
プラセボ群では6.7%

 

消化器症状が多かったのは、リラグリチド3.0mg、1.8mg供にでした。膵炎の発症はありませんでした。

 

56週間、つまり、約1年において、リラグリチド、日本では商品名ビクトーザ、を投与すると、これだけの体重減少効果が期待できます。糖尿病でない場合と比較すると、成績は悪いのですが、それはしかたありません。血糖コントロールが改善すると体重が増える場合があるからです。

 

私のクリニックに来院された患者さんで、以前、他の医師からGLP1ダイエットを勧められ、SU剤を服用していたら、すぐ止めるように指示されたそうです。その医師は、糖尿病専門医ですが、この論文を読んでいないのかもしれません。血糖コントロールが大事か、減量が大事か、その両方をバランスより成立させることができるのか、
このテクニックは、一般の糖尿病治療、肥満治療の両方を経験している糖尿病専門医でないと難しいと思います。

 

いずれにせよ、肥満治療は「内科」の分野になったのは間違いありません。内科の「臨床」(プラクティス)には、上手い、下手があります。藪医者という用語があるのは、そのためなのでしょう。

 

GLP1ダイエットを始めるなら、きちんと治療成績をいえる、糖尿病臨床にもたけた糖尿病専門医の指導をうけないと、大変な事態になることは、上記の患者さんの例からも、よくおわかりになるかと思います。

 

私のクリニックに、もし、糖尿病患者さんが来院されても、私の方針としては、SU剤は中止しません。唯一、インスリン治療との併用は、行いません。